軋みながら歪みながら

体調が悪くなる時にはルールがある。

腰が悪くなる時には右足の裏が痛くなったり、右足だけ疲れて痛んだり、よくつる様になる。次に右肩、肩甲骨のあたりが痛くなる。最後に左の腰へ来る。

それは腰の歪みが先に出ていると整体の先生に言われた。だから右足に違和感を覚えると気をつける様にする。日頃から食べ過ぎない様にもする。食べ過ぎると腰にすぐ来るから。それは硬くなる様な感じ。それと季節の変わり目。急に寒くなったりすると弱い。だから最近の気候は辛い。

気をつけてはいる。自転車に乗るのもその為で、ある程度、腰をほぐしておくため程度に乗る。

気をつけているが、稀に良く無い事が重なる。天気が悪かったり、遠出の用が重なり自転車に乗れない。PCに向かう時間が増える。知らない間に急に台風が来る。そうすると、瞬間、腰が変な風に入ってしまう。


体調が良くなる時にもルールがある。

風邪の時は口内炎が出来て熱が吹き出す。

腰の時は胃腸が活発に動く。くだす。一日二日くだしっぱなしになる。先日は加えて体中が痛んだ。熱を出しているかの様に痛んだ。いつもと違って右腰が痛んだせいなのか、いつもよりも身体が多く頑張ってくれた様だった。軋みながら歪みながら治してくれた。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-11-03 23:19 | ヒビノコト

<< 高尾さん 神楽坂×マドモアゼル・シネマ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE