予定外の予定で


私の言葉を友人が読み取って、私に伝え直してくれた言葉「予定外の予定で」は寒い晩、ガレージの黒板にほろ酔い気分で書かれた。


探し物は見つけにくいものだけど、探してはいけないと言われてはいなかった。


予定外に知人が展示と朱莉屋を味わいに来てくれていた。東京から友人も来てくれた。食事を口にた時の笑顔の表情がとても嬉しかった。ありがとう。


3つの探し物を探し終えたのは去年の事。残り2つもいつかきっと、その日その時その様に、流れるままにと思っていたら、2009年が終わる前に見つかったらしい。


予定のままに運ぶ事もある。

なんとなくそんな事もあるだろうと思っていた事が、そら来たとなる事もある。

予定外の出来事から新しく始まる時間と道がある。

きっと予定を立てる事も大切で、予定を立ててない余白を意識する事も大切なのだと思う。在る事と無い事が把握出来て、初めて「予定」が成立するのではと思った。


大学の恩師が卒業設計を終えた日の昼食の折に「予定はいつもメタモルフォーゼするものだから」と言った言葉を今でも覚えている。適当で手前勝手のご都合主義なのに、なんて生き生きとしているんだろう。そうありたい。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-12-05 19:26 | ヒビノコト

<< 乾杯を この子の六つのお祝に >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE