踊る阿呆に見る阿呆 あわのほしまつり

c0196264_23412784.jpg


c0196264_23415775.jpg


c0196264_23421599.jpg



あっという間の2日間が終わった。

あかりを設置するだけの予定のはずが、思いっきり参加していた。いつもそんなものだ。一日目は雨の中、予定外の事に右往左往しながら汗をかき、二日目は天気に恵まれ、前日の雨露のおかげで空気は気持ち良かったが、やはり、あっという間に時間は過ぎた。

有意義な時間はいつも早く過ぎる。

楽しそうな芭蕉布の糸作りのワークショップを作業しながら横目で観察し、物産を見て、話を聞いて、レクチャーも聞いて、音楽を聴いて、美味しいものを食べて、いろんな事を考えて。

反省と目的を見つけて、たまにお茶を飲んで、踊りも踊った。声も出した。

奄美から来て美味しい料理を作ってくれて、色んな話をしてくれた「はるさん」というおばあちゃんが「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損、損」と唄った。きっと、その通りだ。私も同じ阿呆なら、そうありたい。


出会った人も多く、すみませんと思った事も多く、同時にありがとうと言った回数も多かった。タイミングや巡り合わせ、丸2日間という時間もあったおかげで、最中にこんなにいろいろ思えたり、考えたりしたことはないような気がする。アカリのセッティングも最後まで換えたりを繰り返した。


先々、きっと面白い事に出会える様な気がする。今回、至れなかった事に次は至りたい。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-12-13 23:48 | アカリノコト

<< あわのほしまつりの理由 奄美 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE