ありがとうと



以前、図書館で本を借りる時に図書館の方に「ありがとう」と言われました。

私は人が借りない本を借りる事が多いらしく、そういう本を借りてくれて「ありがとう」という事だった。勿論、私にはそんなつもりはない。借りたい本を借りているだけの事。

先日、借りたくて借りた本は「やくみつるの昆虫図鑑」「虫こぶハンドブック」「朽ち木にあつまる虫ハンドブック」「都会のキノコ図鑑」「蝶 サナギの謎」「クモの網」

「原色蜘蛛図鑑」は貸し出し禁止の本で貸して貰えなかった。是非とも貸し出して欲しい。

蜘蛛の巣を探しに行ったら、サナギの本があって、キノコがあって、虫がいて、虫こぶ面白そうと思って借りた。形態がぶっかこうというか、不器用というか、なんて言えばいいのかわからないが、スマートではないが、どこか愛くるしく思える形態。何かいい。

友人に借りている三谷龍二という木工作家の方の「遠くの町と手としごと」もいい。これは福井、京都、松本での手仕事にまつわる話。まだ途中だけど、「見る力、作る力」という章に登場する建て具職人さんのスタンスが真摯で爽快でいい。

もう一冊、最近出会った詩集がある。それは静かにとても深い。深いがすっきりと気分がいい。

最近の本の時間は悪くない。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-12-16 20:33 | ヒビノコト

<< ハーフタイム ポップコーン >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE