八つの手。


c0196264_2131369.jpg


今月はちょっと休んでから、怒濤の様に過ぎていった。特に先週は休む間もなく予定が立て込み。作って、考えて、アカリを灯して、仕事してを繰り返した。一年がキュッとしまった。

そのかわりに家に戻って来た荷物はそのままになっている。大掃除も終えていない。机周りの整理と写真の整理を終えたのが精一杯。

ほぼ一週間の出来事を日を追って、ブログに書いた。それは日記とは呼べない。それは記録。写真も私にとっては記録。きっと「記録」という事が好きなのだと思う。

記録されていない抜け落ちた部分も多くある。今年は7月、8月、9月が手帳のスケジュールで空白となっている。空白となっているが予定通りにはいかない良い夏を過ごした。



先週の事も覚えてはいない。今年一年の事も、数年前の事も。

久しぶりに会った人らは元気だった。母となった人達は雰囲気が変っていた。それは腰の落ち着きのようなもの。私は赤い自転車の試運転がてらに、その場に居合わせたが、あまり居合わせなくなった昼下がりのワイワイとした時間もたまには良いかと思った。一年に一度か、二年に一度くらい。



あくびをしたら、高校生の頃も良くしていたと言われた。癒し系だったと言われた。先日、仕事中に「顔を見ると癒される」と突然言われた。理由は私が余裕を持って仕事をしているからだそうだ。別の友人が「昔の写真は」というので一昨日アルバムを久しぶりに見たところで、昔が随分懐かしく、変った様に思えたが、昔から変っていないのかもしれないと思った。



家庭用餅つき器で餅をつき、母と甥っ子らが4人で丸く形を整えていた。写真にしてよく見ると慣れた手つきで餅を丸くする母の手の形、しわがよく分かる。慣れない手つきのつるんとした子供らはきっとこれから、幾らでも上手く餅を丸められる。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-12-30 21:04 | ヒビノコト

<< 終わって始まる 白菜 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE