路傍の人。


倉敷から姫路へ向かう道すがら、夕焼けの肌寒い空気の中、殺風景な畑で、野焼きをする中年男性の威風堂々としたたたずまいはカッコ良かった。

後ろに手をくみ、ただ空を見上げている、それだけの事が妙に心にきた。



プライドを持って楽しそうに一生懸命に仕事をするおっちゃんに会った。「現場では会社の看板を。何人かと仕事するなら一番働く。」と笑いながら話す姿が、カッコ良かった。



色々ある。悪い事もある。けれども、何かいいなと思える事、出会える事がある。それは遠くでも近くでも。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-01-21 17:30 | ヒビノコト

<< アカリ配達 やさい配達 発熱デ... 一杯のビール。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE