美味しい珈琲と夕立ち


市内にある「サンマリノカフェ」に行く。


2年程前に古河の「ジョイスカフェ」で知り合い、今度、今度と思いつつ、2年が過ぎてしまっていた。

2ヶ月が経ち、数ヶ月、一年とタイミングを失っていくと、キッカケがないとそのままになってしまう。
こうやって書いていても同様に、そのままに寝かせてしまっている事を幾つか思い出す。

2年越しに足を運べたのは知人が与えてくれたキッカケのおかげ。
良かった。本当に良かった。

「サンマリノカフェ」のオーナーは覚えてくれていた。

毎週木曜日に市内にある「新進堂」という書店の前で移動カフェをしている。
自分で作られた、その車の出来がすごい。見事に完成されている。
人によって世界があり、作り方、作り込み方があるが、この作り込み方はきれいだなと思った。

駅から歩ける距離にあるお店では豆の販売専門。
大通りではない。通った事の無い道だけれども、分かりづらくはない。
オーナーが私の何となくの好みを聞いて「ケニア」をいれてくれた。
飲みやすく美味しかった。

知らなかった道を1つ知り、知らなかった場所が知っている場所に変わった。



帰りにスコールの様な夕立ちにやられた。
出番が少ない雨具を出すのには丁度いい。
洗う事も少ない靴を洗う理由が出来て丁度いい。

夕立ちにやれてしまう時は、そんな風に思う様にしている。
少し鬱陶しさが減る。



サンマリノカフェ
http://3marino.com/
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-07-03 00:08 | ヒビノコト

<< 個展をします。 みっつの「はな」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE