熱中症との闘い。


自転車やジョギングをする時は頭にタオルを巻く。時間は昼間を避け、
陽射しが弱まった頃を見計らう。それで大丈夫。

けれども製作中がそう上手くいかない。
屋内での作業でも暑さにやられる。クーラーが好きではないから付けたり消したり。
扇風機を回したいが、風でモノが飛ばされるのでそうはいかない。

屋外での作業は鬼門。
庇の下の縁台での作業は前面にすだれもかけるし、打ち水も十分にする。
途中でまた打ち水もする。頭から水も被る。タオルを巻く。
水分もとる。それでも切りのいいところまでとか、今日中にここまでとか
自分の都合で予定を考えてしまうと、やられる。

作業を終えてクラクラする程度なら、おとなしくしていればいい。

先日は徹夜明けで日中の用事の為の移動の電車の車内で睡眠をとった。
戻ってきて、結構寝たなと思い、縁台で気を付けながら作業した。

結果は「アウト」
頭痛、吐き気、止まらない汗。


風呂に入り、ご飯を食べ、水分を取り、クーラーをつけ、布団に横になった。



徹夜してしてはいけない事、それは外での作業。特に木を切る事はしてはいけないと
学んだ。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-09-08 06:03 | ヒビノコト

<< 熱中症との闘い「その後」 一日カフェ巡り >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE