我孫子おえて、小山はじまって


我孫子では幾つかの縁を頂いた。
美味しいおでんを頂いた。おでんはカツオだしで、具は大根とこんにゃく、ロールキャベツ。
大根は丁寧に面取りをされていてアイスホッケーのパックの様に見事な形だった。
甘く、とても美味しかった。今まで一番の味だった。



ものを作る時間と使う時間は比例している。
パッと作ったものはパッと廃れる。



そんな言葉を耳にした。当たり前の事が響いた。



我孫子を終えて、その足で小山での展示。
区画整理地に置かれたコンテナの中に陶器やクラフト、アクセサリ、パン、あかりが並ぶ。
別のコンテナでは早稲田の都市計画の研究室による街作りの提案。
小山高専の建築デザインの先生による内装とワークショップのコンテナ。
小山まちくりのコンテナが並ぶ。
こんな事もいいものだ。


c0196264_1654851.jpg


c0196264_16544336.jpg

[PR]

  by akari_tasaki | 2010-11-17 16:54 | アカリノコト

<< 我孫子の報告。 我孫子で3日間 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE