カテゴリ:畑ノコト( 17 )

 

夏至を越して

c0196264_23454870.jpg


c0196264_2346923.jpg


1ヶ月前に、枝豆の苗と種、トマトの苗、綿花の種を植えてから、あっという間に時間がたった。
その間に畑に行ったのは一度だけ。雑草は自由に育っている。

トマトと枝豆に柱を立てて、雑草を少し取っただけで、数カ所を蚊にやられた。

どれも雑草に負けずに育っている。綿花は芽が出ていないものもあるが、それはそれ。

雑草共が水やりをしてくれている。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-06-22 23:46 | 畑ノコト

2010年 植え始め


c0196264_19115543.jpg


人参とちんげん菜、水菜を少しとりあえず植えました。少しです。少しですが、それぞに小さな旗を立てておきました。

4月になったら、綿花を。


畑には他にもジャガイモも植わっていますし、マイペースに。無駄にしない様に。


c0196264_1913086.jpg


畑には道具入れも作りました。車はいい。材料も道具も十分に運べる。作業が出来る。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-03-16 19:13 | 畑ノコト

2010年が始まる 畑仕事が始まる


c0196264_12445957.jpg


2月10日、暖かくなり始める3月に種を蒔ける様に2010年の畑仕事を始めた。

小雨の中、畑の土をおこした。

土は思いの外に水分を含み、雑草は思いの外、広くびっしりと根を張っていた。機会で耕し、その後に残った塊やかきませなかった地面を鍬で砕き、また機械で。そんな事を2度3度繰り返し、2時間程の作業はあっという間に終った。

「畑仕事していると、なんか落ち着きません?」

今日は仕事の都合で来れなかった畑仲間がそう言った。そうだなと思う。だから時間はあっという間に過ぎる。

種蒔きまでの準備期間。時間が経てば根も腐るだろう。後で折をみて、また鍬で耕してもいい。



去年一年は本当にとりあえずだった。とりあえず植えて、とりあえず収穫して食べた。配ってみた。何事も試してみないとと。分からない事も多いが、分かった事もあった。幾つかの分かった事を足がかりに2010年の畑仕事をしていきたいと思う。きっとあっという間に過ぎていく。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-02-10 12:46 | 畑ノコト

水菜


一口で終えてしまえるぐらいしか育たなかった水菜を食べた。

僅かだけれども、去年から育ち、今年初めて口にした初実り。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-01-06 19:15 | 畑ノコト

白菜


c0196264_2039059.jpg


秋から畑で唯一、植えられていた白菜を八城農園の和也君が届けてくれた。

無農薬で何もせずに育ったそれは虫食いが酷かったが、中身はよく出来ていた。

これで何を作ろうか。

先日、松本で身も心も温めてくれた白菜と豚の鍋にしようか。この間、初めてしたレンジ調理にしようか。どちらにしろ美味い事は確約されている。


家の横の畑に植えたモノは霜にやられ、全滅した。植える時期だけは重要だと実感出来た。プランターで栽培したものらは成長が遅いが、順調。


来年は何を植えて、栄養としようか。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-12-29 20:32 | 畑ノコト

冬なのに 冬だから 冬だけど

c0196264_8241345.jpg


c0196264_824512.jpg


c0196264_8251765.jpg


四種類の苗を植えた。

種から発芽させて、展示があったり、友人たちとやっている畑に行く機会がなかったりとしていたので畑に蒔くのが遅くなった。

プランターは2週間前に植えた。

残りの苗を家の畑に植えた。

家の畑は農家出身の父親がちょこちょことしている畑。緑の中にピーマンが赤々としている。ここに植える事は避けたいと思っていた。そう思っていたのは父親が農薬と肥料を思う存分に使うから。それが嫌だったから避けていた。今年の2月に初めて種を蒔いた時よりも農薬と肥料を使う人の気持ちがそういう事なのだと思える様になった。そういう環境だったから、それをしている事が正しいとされていたから。それしか無ければ人はそうしてしまうのかもしれない。環境というものは大きい。

避けていたが、時期も遅くなり、苗が無事に育つか分からない。霜の事を考えると簡単でもビニールハウスをとも思う。そうするとマメに見れる事、ケアを考えると「家の畑」が良い。

ものは考え様だから、いい機会だと思って、拒絶する事や違うという事に近寄らないのではなくて、いっそ飛び込んでみよう。朱に交わってみよう。交わった上でどうなるのか、どう思うのか確かめてみよう。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-11-30 08:25 | 畑ノコト

畑に咲く花

c0196264_21265365.jpg


9月の終わり、まだ陽射しが強くて草刈りと耕す事に汗だくだった時に、畑には花が咲いていました。

畑と言っても、耕していない空き地になっていて雑草伸び放題の場所のところに咲いていました。

その花の名は「曼珠沙華」です。

別名「彼岸花」。彼岸の頃に咲くからという説。また有毒性で水田の畦や墓に植えて、ネズミやモグラ、虫などからその土地を守る為に植えた。これを口にした後には「彼岸(死)」しかないという説もある。きっとそういった要素とこの花の華麗さから「彼岸花」「曼珠沙華」という名がピタッとはまってしまったんだろうに。

なんて事を元から知っていたわけではない。耕している時に一緒にいた友人が花を見てすぐに「曼珠沙華」と言った。それをネットで調べただけ。それでも知らないままよりはいい。今度見掛けた時には自信満々に「曼珠沙華」と言おう。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-10-24 21:27 | 畑ノコト

秋、種を蒔く

c0196264_17543443.jpg

キャベツ、玉葱、ちんげん菜、水菜の種を1列7個ずつ植える。

春、夏と植えた時は畑に適当に種を蒔いた。「とりあえず適当に一度してみる」が私にはあっている。適当に一様にしてみて、失敗をしながらも何となく全体を知る。自分で知ってから、仕切り直して始める。

仕切り直して種を蒔いた。今度は苗を育ててから畑に。芽と雑草を間違えずにすむ。どれがどれだと探さなくて済む。

それは当たり前の事だと分かっているが、自分で分かりたかった。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-10-18 17:54 | 畑ノコト

白菜を植える人

c0196264_11572347.jpg
c0196264_11574680.jpg

今年の3月に始めて、幾つかの初めてがあった畑が7.2m×3.6mの面積に更新される。新しく起こされたつちでの最初の若葉は友人K君の白菜。さて、私は何を植えようか。サツマイモか。

サツマイモか。
さつまいもか。
さつま芋か。
薩摩芋か。
薩摩藷か。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-23 11:58 | 畑ノコト

反省と共に

何にも考えずに植えた為に無駄になってしまったものが多かったです。

南瓜は広くなり過ぎて、拾集がつかなくなりました。黄瓜も次から次へとポコポコなりました。成長が早過ぎて、瓜になってしまいました。黄瓜の影に隠れた枝豆はいつの間にか消えました。

綿は植えるのが遅かったのか、土作りを間違ったか、芽が出ませんでした。

多くの失敗を知りました。

野菜が育つという事を知りました。土と雑草の強さを知りました。太陽と雨の恵みを知りました。そして野菜の美味しさを何よりも実感しました。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-09 19:08 | 畑ノコト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE