カテゴリ:DVDカCDナコト( 2 )

 

ぐるりのこと

c0196264_21311520.jpg


ある夫婦の十年のはなし。

十年あれば色々ある。良い事も悪い事もホントにある。

1つ1つが大事件で、泣いたり笑ったり。

人は弱いから色々ある。でも二人だから時間がかかっても乗り越えられる。

笑った方が良い。同じ時間を過ごすなら楽しんだ方が良い。

十年経って、ぐるりと見渡せば。。。。


そんな話の様な気がした。

主人公のリリーフランキーは変化していく、変化しない柔らかな心も持っている。

法廷画家のその目の焦点は被告、原告、被告親族の手や足の違和感を捉えている。

彼の画を描く時の状況が白く透明で良い。


良い事と悪い事のうち、悪い事が連鎖している時は辛い。辛いが目が離せない。

嫌な気分が全面に出ない。見れてしまう。全てが丸く収まるというものではないが、それも悪くない。

そんなものだと思える。それでいいと思える。


何気なく手に取った「ぐるりのこと」、監督は誰なのだろうと見ていたら、それは「ハッシュ」の監督。

「ハッシュ」も数年前に何気なく手に取った映画。良い事も悪い事も理不尽な事もあるが、

何か心地よい映画だった。映画っていいなと思えた一本だった。その監督の作品。

身体の芯から納得出来た。


木村多江も好きさ。主題歌を歌うakeboshiも好きさ。知らずにこの歌も聴いていたさ。

さー。


「ぐるりのこと」
http://bitters.co.jp/gururi/
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-11-27 21:31 | DVDカCDナコト

包帯クラブ

c0196264_2337320.jpg

数秒のイントロダクションで決まってしまう事がある。 映像と音楽と、空気感にどうしようもない予感が止まらない。 日常の歯車の噛み合わせが狂い逸脱をする設定と「高崎」という知っている土地という組み合わせが、物語の進行と共に絡みあう。1つ1つのエピソードがきちんと胸に残る。

最近、高崎を通過する事が何度かあり、その度に思い出す。高崎観音と1つ飛び出た建物。包帯があったんだといういう事。そして流れていた「ハンバートハンバート」のCDが欲しいと殊更に思う。あれが欲しい。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-27 23:37 | DVDカCDナコト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE