<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

包帯クラブ

c0196264_2337320.jpg

数秒のイントロダクションで決まってしまう事がある。 映像と音楽と、空気感にどうしようもない予感が止まらない。 日常の歯車の噛み合わせが狂い逸脱をする設定と「高崎」という知っている土地という組み合わせが、物語の進行と共に絡みあう。1つ1つのエピソードがきちんと胸に残る。

最近、高崎を通過する事が何度かあり、その度に思い出す。高崎観音と1つ飛び出た建物。包帯があったんだといういう事。そして流れていた「ハンバートハンバート」のCDが欲しいと殊更に思う。あれが欲しい。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-27 23:37 | DVDカCDナコト

夕焼け夜空の太鼓の音

c0196264_21561527.jpg
c0196264_21562511.jpg

益子「土祭」にて、和太鼓のライブを聴いた。空気が響く、足下から響く。

500円の贅沢な夕べ。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-25 21:56 | ヒビノコト

土で

c0196264_135240.jpg
c0196264_1354453.jpg

益子「土祭(ヒジサイ)」

日干しレンガを作る。光る泥団子を作る。

やってみて分かる事がある。やってみないと分からない事がある。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-25 01:36 | モノツクリノコト

白菜を植える人

c0196264_11572347.jpg
c0196264_11574680.jpg

今年の3月に始めて、幾つかの初めてがあった畑が7.2m×3.6mの面積に更新される。新しく起こされたつちでの最初の若葉は友人K君の白菜。さて、私は何を植えようか。サツマイモか。

サツマイモか。
さつまいもか。
さつま芋か。
薩摩芋か。
薩摩藷か。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-23 11:58 | 畑ノコト

行田のパン屋に行く

c0196264_23532161.jpg

翠玉堂

シンプルなパンが普通に美味しい。

1つ1つの素材を大切にし、当たり前に丁寧に優しく作るからなのだろう。普通に美味しい。空間も優しい。ここに来ると五感全てが和らぐ様な気がする。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-22 23:53 | ヒビノコト

秋の大運動会

c0196264_1324375.jpg

小学校6年生の姪っ子と2年生の甥っ子、年長さんの一番下の甥っ子がいるおかげで、四季の行事を知る事が出来る。1年365日は豊かである。

秋の大運動会。

そこかしこで小さな同窓会が開かれる。

この場所で運動会をしていた人間が親、叔父、伯母となり、子供らの為に右往左往している。

可笑しくも楽しくもある。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-22 01:32 | ヒビノコト

「間々田ヒモ」で組み紐

c0196264_20433463.jpg


「間々田ヒモ」という看板と建物があるのはいつの間にか知っていた。いつも通る道のいつもの風景にはあったが、入ったことはなかった。面白そうな気もしていたが、足をとめて扉を開けるという事をしなかった。

先日、初めて地元の温泉「思川温泉」に湯治に行った。そこも話で聞いていたよりも、とても良かった。思川を眺望しながらの露天は最高で、風呂上がりの珈琲牛乳が格別だった。

売店には色々な特産品が並んでいて、知らないものが多かった。その中に「間々田ヒモ」が並んでいた。紹介を読むと「柳宗悦が命名」との文字が。こんな身近で知らないという事に驚いた。これは知らないといけない。一度伺って、30分程度の組み紐体験教室でストラップを作れるというので、やってみた。

実際にやれるという事はいい。見るのとやるのとでは違う。話をしながらの製作は楽しかった。体験教室代金の1.000円は有意義なものだと思う。

[間々田ひも]
http://www8.plala.or.jp/mmdh/index.html
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-17 20:43 | モノツクリノコト

39年目のスタート

c0196264_2210119.jpg

足利にリヤカーの珈琲屋台「アラジン」がある。それは数年前から何人の人にも聞いていた。「今度言ってみます」を何度も言いながら、行かないままにしていた。行かなかった事に明確な理由はない。行く事に明確な理由もないから、そのままに。

昨日、行ってみようと思いたち、言ってみるとマスターが唯一のメニューの400円の珈琲をいれながら、「今日が開店記念日、39年目に突入なんです」と教えてくれた。39年、お父さんの代から天候が悪くない時以外は毎日、この場所で400円の珈琲を出す。絶え間ない力。

始めた当初は目の前は川で桜並木があったけれども、今は道路の下を流れる水の流れ。桜並木もひっそりとあるばかり。お父さんはきっとこの場所が気持ち良かったんだろうな。

39年は凄い。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-16 22:10 | ヒビノコト

初物DJ

今年の夏は初が多い。
初「満月際」、初「トリエンナーレ」、初「カブ長旅」、初「浴衣」、初「一人テント」、初、初、初、

そして、初「DJ」。そんな事をさせてくれる場と友人らに心からのありがとう。たかだか30分でも楽しい。人と共有出来るものが増えると嬉し楽し。30分の数曲までの時間が楽しい。家のCDをあさり、聞き直す、忘れていた事を思い出しながら、新しいものに出会った様に思える。新しい事を試みる時の緊張がいい。ピンと背筋がなる。いい夏だ。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-14 11:31 | ヒビノコト

[ 新潟 ] 豊かな食

c0196264_13342832.jpg

行きの道すがら決めた事は無駄に食べないという事。4日間で1食でもいいんではないかとも思った。地元の誘惑はいくらでもあるが、たった一食に全てを賭ける。集中をする。それだけ意識すれば素晴らしい一食に出会えるのではないだろうかと思ってしまった。無駄に胃を使わない。

果てしない新潟までの道中。リンゴ畑が広がっているので買ってみる。傷物を3個と言って話をしていると、100円で4個くれた。宿に着いた晩は1時くらいまで酒盛りとなった。その日初めて出会った人達と話が盛り上がって、地酒を飲んで、美味しいつまみを食べる。朝も宿の朝食を頂く。日中は見て回る事も忙しくてリンゴ一個だけで済ます。夜はまた酒盛りとなり、朝にはまた地産地消の朝食。その日の夜は個人経営のキャンプ場へ泊まる事にした。そこは造成から建設まで自分でやったというとても雰囲気のいいところ。受付をしていると、オーナーさんがトマトを2つくれた。1つが夕食になり、朝は「御自由に」と書かれているプチトマトを頂いた。

朝早くに道を行くと焼きたてのパンの良い香りがする。町の小さなパン屋さんで、フレンチトーストと小倉バターを買い、バイクに乗りながら良く噛み締めて食べる。

最終作品に行くと、そこでは集落の為に人を呼ぶ為の手作りカフェがある。ここには価値がある。150円の揚げたい焼きを一つ買い。至福の時を過ごした。

また新潟に行く時は同じ民宿に行き、キャンプ場を覗き、小さなパン屋さんで買い食いをするだろう。
[PR]

  by akari_tasaki | 2009-09-13 13:34 | ヒビノコト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE