<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

2010年4月27日 アスペン


2010年4月27日 



4月25日、26日はめまぐるしい2日間だったらしい。
それは60年に一度のめぐり合わせらしい。
それは今年の7月26日が節目になるらしい。
7月26日は満月、土用丑の日らしい。

そんな事もある。



アスペン 「Aspen」、学名は「Populus tremula」、和名は「ヨーロッパヤマナラシ」
写真にあるそれは猫じゃらしの様でもあり、猫の尻尾にも見える、二本の尻尾は何か目立つ訳でもなないが、根元が明るい緑で、本体は短い毛で覆われていて、色は心地良さそうな茶色。

38枚の花や葉、木の実の写真が車座に座った20人程度の前に丸く並べられる。
それぞれが何を選ぶかは自由。私は色も形も目立つ訳でもなく、自分から遠い位置にあった「これ」がパッと目に飛び込んだ。ある人がその隣の大きな赤い花を選んだと言う。確かに鮮やかな赤い花がある。けれども、あったことを私は分からなかった。



東京にカブで行く時は晴れた日。まれに天気予報が外れたり、夏の夕立ちに見舞われる事はあっても、雨の日の東京をカブで行く事はしなかった。雨の日の東京は少し静かに思えた。それは雨の音で日常の音との差が埋まったからかもしれない。単純に人も足取りが早かったり、陽気に会話をしないからもしれない。ただ、しっとりとして、意外と良い。風景もトーンが一段階下がって、何だか良い。こんな日もたまには良い。



2010年4月28日



c0196264_20493526.jpg


結構な雨が降っている。雨の音と風景は良いが、体には良くない。良くないが、それをかき消す様にトタン板をハンマーで叩く。表面に和紙を張り終えた中身の型をノミで掘る。

夕方に雨が止んだので、前日の雨でズブ濡れになったカブのハンドルカバーと手袋を洗って干した。

蜘蛛の巣に、葉に、花に、水滴が残っている。雨上がりの夕方の陽射しがそれらをキラキラとさせる。

何でもない一日、何でもある一日。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-28 20:49 | ヒビノコト

日暮らし硯に向ひて


c0196264_20494373.jpg




日暮らし硯に向ひて
よしなしごとを書き作れば
あやしうこそ ものぐるほしけれ



「徒然草」の冒頭の書き出しはそんなだったと思う。高校の時に習った古文のいくつかの冒頭だけを少しだけ覚えている。ふと思い出す。きっとこんな感じの時の事なんだろうと。

「徒然草」のような感じの一日、朝起きて日が暮れるまで、同じ事を繰り返す。トタンを切って、端を折り曲げ、ひたすら叩く。叩き方を変え、調子を変えて幾つかの形を作る。この中の幾つかはアカリの傘になり、幾つかはカフェの皿になる。そしていくつかは何にもならずにそのままになる。

ある雑貨屋でぶら下がっていた照明を友人が見て、こういうのがと言った。言ったから、試しに作ってみようかと私が返した。幾つかの形を試し、何度か調子をみてみる。

思いの外、上手くいってしまった物がある。その偶然の一枚に至れず滑稽な一枚になってしまったものがある。失敗を繰り返す。コツがわかり、形が割と良く成って来る。

割と良く成って来た一枚を別の友人に見せてみる。それは中々良いと言ってもらえる。そんな皿も良いんじゃないかと言ってくれる。実は私もそう思っていたところ、じゃぁ、試しに作ってみるとなる。

アカリの傘になる叩かれて生まれる曲線と、皿の場合のそれは違う様な気がする。気がするが確証はない。だから何枚も色々と叩いてみる。

腕が疲れるまで叩く、疲れたら休む、他のモノの製作をする。そんな事を一日、繰り返していたら「徒然草」が浮かんだという日。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-22 20:49 | モノツクリノコト

熊谷へアカリ配達の小さな旅


埼玉県熊谷市の「ホシカワカフェ」へ

今回で二度目。前回よりも近道をと思い、違う道をカブで呑気に運転するも、呑気し過ぎて途中でガス欠に。私はガソリンスタンドによる事が嫌いだ。ギリギリまでと思ってしまう。だから、たまにガス欠をしてしまう。それでも小雨降る中、呑気にカブを20分ほど押して歩いた。

桐箪笥屋さんがあった。小さな苗屋にはところ狭しと苗が並んでいる。トイレを借りたファミレスの洗面の蛇口は懐かしい回すノブ式のレトロな物だった。やっと見つけたガソリンスタンドで道を聞くと近道を教えてくれた。偶然には良い事がある。



c0196264_23402098.jpg


「ホシカワカフェ」で5つのアカリが灯される事になった。



c0196264_2341740.jpg


ストロベリーホットミルクが美味しかった。



c0196264_23413426.jpg


タンポポの根で作ったタンポポ珈琲が美味しかった。後味が残る珈琲のような漢方の様な。。。でも珈琲だった。

目を輝かせて喜んでくれる人がいた。

ここで来月、アカリと写真の展示をする事になった。

知らぬ土地が知っている土地になっていく事は嬉しい事だ。

知人がカフェ近くの揚げ物屋で土産にと唐揚げを買ってくれた。


家路は雨に降られ、しかも道に迷った。それでも喜ばしいアカリ配達の一日になった。



ホシカワカフェ
http://www.hoshikawa-cafe.com/

タンポポコーヒー(ノンカフェインで妊婦さんでも大丈夫)
http://www.rosemadame.co.jp/food/tanpopo.htm
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-20 23:45 | アカリノコト

塊に成る


c0196264_2049055.jpg


幾つかの画が塊に成る。

塊はアカリに成る。



最終的な形、アカリの有り様までにはまだ距離がある。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-19 20:49 | モノツクリノコト

アヒルの歩き方


尾を振って、左右に揺れながら、ヨチヨチ歩く。一番面白いバランスで歩く。たまに「ガァ、ガァ」と鳴く。

そんなアヒルに二羽も出会えた日。


そんな日は幸せな一日だ。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-19 03:59 | ヒビノコト

雪が降る


4月16日、風が冷たい日だった。夜も寒かった。



4月17日、夜明け前に目を覚ますと、やはり寒かった。

雨戸を開けると、いつもよりも明るく感じた。

それは雪のせいだった。

雪の降る日はその白さに光りが乱反射して明るくなる。

その風景はとても好きだ。好きだけれども寒いのが嫌いだ。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-17 05:05 | ヒビノコト

めぐるもの もらいもの


貰いものリストの中に「Windowsの外付けのCD/DVD」に加えて「Windows」が加わった。

出来る事が少し増えた。

出来無かった事がすこしづつ出来る様になった。


出来なかった事が出来ようになると、分かる事が増え、分からない事が増える。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-16 00:47 | ヒビノコト

山を切りひらく


父や祖父達が言う「山」は行ってみると私には「林」だと思えるものである。木々が生い茂っていると「山」という総称になったのだろう。



父が祖父から譲り受けた「山」があるとい事は先日知った。使い道が無いので言う事もなかったらしい。会話の中で「山」とは言っていたのかもしれないが地方の農家の言葉「裏」「新宅」「遠い」「近い」はいつもどこを指しているかわからないので、スルーする癖が付いていた私が悪い。「使い道」というのも鋪装された道路に面していないとか、開発で不動産屋が買い取ってくれなかったという類いの話。十分に使い道はある。



大きな枝は脚立にかけてチェンソーで切り落とす。手の届く範囲の細身のものはノコギリで。道に斜めにせり出して畑の邪魔になるものを端から片付けていく。切った枝は林の中に引き入れる。その為に場所と道を確保する。確保したら切る。慣れて来ると枝を落とすより、木ごと切って倒す事の方が楽に感じる様になる。木の上の方にロープをくくり、根元をチェンソーで切って、林の中に引き倒す。一気に片付いて、これは気持ちがいい。巣失敗する事もある。上の方の枝が開き過ぎて、周囲の枝に引っ掛かり林の中に引っぱりこめない。それでも切り開かれてスッキリとするという事と枝を引き入れる間口も取れるから、楽に感じられる。



何本も何本も倒し、何本も何本も切った。檜と櫟はわかったが、わからない樹種のものが1つある。大きく斜めに育ったそれは何本かあった。どこかで見ている。名前も聞いた事がある。が、思い出せない。家で樹種図鑑を引いたがまだわからない。



朝の八時から二時まで汗をよくかいた。気持ちのいい時間だった。「山」は良かった。使える木をとも思っていたが、そんな余力はなかった。きっと二日後に全身筋肉痛に見舞われる。
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-14 23:20 | ヒビノコト

移動写真展 in Hidari Pocket


c0196264_1135873.jpg


埼玉県栗橋市にある「朱莉屋」で写真とアカリの展示をしたのは去年の11月の事。

写真の評判は割と悪くない。喜んでもらえるのなら、それで良い。それで少しでも楽しい事が増えるのなら、それで良い。

今日から5月8日まで、移動カフェ「Hidari Pocket」にて写真の展示をする。タイトルは「移動写真展 in Hidari Pocket」

c0196264_1145722.jpg


タイトルなど考えていなかったが、マスターのケンジ君が「タイトルを付けましょう」とせっかく言ってくれたので、考えてみた。移動カフェの「移動」は勿論だが、この写真のディスプレイはパタパタと畳める様になっているので設置と撤去が簡単に出来る。「移動」カフェの為の「移動」するディスプレイといったところ。

いつでも、どこでも出来る。そんな手軽な感じが良い。

改善すべき点はあるが、それはやってみてわかること。やってみたらわかること。

c0196264_1152446.jpg


「Hidari Pocket」にて珈琲時間のお供に。

「Hidari Pocket」
http://cafehpocket.jugem.jp/
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-14 01:15 | ヒビノコト

おにぎりを持って

c0196264_0371838.jpg


よく晴れた日だから、おにぎりを作って畑に出掛けた。
おにぎりはごま塩のみで、
新聞紙に包んで、輪ゴムで留めた。

久しぶりの畑の中央一列に菜の花がきれいに咲いていた。それは放置された白菜が咲かせた花だった。思惑通り、種が採れるかどうか。



c0196264_038666.jpg


久しぶりの畑にはカフェ「MORO`S CAFE」がオープンしていた。
このカフェは果てしなく続くオープンテラスのカフェだ。イスとテーブルがある。陽射しの強い日にはパラソルが立つ。
メニューはない。各自が持ち寄ってお茶をする。



c0196264_0433825.jpg


ひとしきり畑仕事を終えたら、畑を臨みながらのモノツクリもたまには良い。
青空の下の何も無い場所で、ただ作る事は良い。
カラスが鳴いたら帰れば良い。
それくらいで丁度いい。



「モロカワノハタケ」
http://ameblo.jp/morohata/
[PR]

  by akari_tasaki | 2010-04-13 23:31 | ヒビノコト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE